So-net無料ブログ作成
検索選択

【タイ】タイは麺王国 麺屋台の注文方法

スポンサードリンク




タイ旅行全体を通してお世話になる麺類
ボクはタイのお米があまり得意ではないので、いつも麺を食べています。
タイの米も高級なお店で出てくるのは本当に美味しいので、おそらくタイ米そのものが美味しくないのではなく、グレードの問題だと思うんです。
麺も日本のに比べるとコシがなく基本的に伸びた麺が出てきますが、たまにあたりを引いたりするし、食べ方がいろいろあって楽しいです。
↓バミーナーム(ベーシックなラーメン)
1927.JPG

タイの麺は数種類あって、屋台ではだいたいどの麺にするか選べるようになっています。
基本はこの4種類です。
・バミー
中華麺。黄色く縮れてる麺です。
われわれ日本人には一番親しみのある麺ですよね。
エッグヌードルで通じたりもします
・センミー
米で造られた麺のビーフンです。
私たちがビーフンって言って思い浮かべるのはこの麺かも。
個人的には炒めるとうまいと思います。
・センレック
センミーよりも少し太めのうどん的な麺です。
あっさりスープがよくあります
・センヤイ
きしめんよりもさらに太いきしめん。
もうこの太さだったらスイトンって言っちゃってもいいくらいです。

お店によっては種類が少なかったり、一種類しかなかったりします。
だいたいは作るところの前においてあるんで、指さしで指定してもイイと思います。

↓麺が前に置いてあります
IMG_0481.JPG

あとは、汁ありか汁なしかを選びます。
汁ありはナーム、汁なしはヘーンです。
それとパッタイ(焼きそば
↓汁あり
2083.JPG
↓汁なし
DSC_8810.JPG
↓パッタイ
DSC_9072.JPG

価格は屋台でだいたい20バーツ~50バーツ、フードコートで50バーツ~程です。
肉がたくさん入っているものは少し高めかなって感じがしますね。

ボクみたいにタイ米が苦手な方はタイ旅行中、たくさん麺を食べると思います。
それに麺屋は本当にどこでもあるので、必ずタイ旅行中に一度は食べるでしょう。
最初に食べた麺が合わなかった場合でも、是非違う麺も挑戦してみてくださいね。
以外に美味しい組み合わせとか、店によっても味が違ったりするので、楽しめると思います。

1つバミーについての注意なんですが、バミーには生中華麺のお店と、インスタント麺のお店があります。
やっぱり日本人的に生麺の方がいいですよね(笑)
それも屋台の前に置いてあるので、店選びの基準にしてください。

↓ちょっと変わった自家製麺を使用してるお店
DSC_0226.JPG
↓春雨見たいな食感のものもあります
DSC_8502.JPG



スポンサードリンク



nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。