So-net無料ブログ作成
- | 2016年01月 |2016年02月 ブログトップ
前の10件 | -

ジョホールバルに帰還

おはようございます。
先ほどジョホールバルに戻ってきました。

シンガポールはいい国でしたが、やはりコストがかなり気になります。
お金があって悠々と暮らせる余裕があればなかなかいい国かもしれません。
治安もいいし、街はきれいだし。
ただアジアの雰囲気を楽しむにはやっぱりマレーシアの方がいいと思います。

またコーズウェイを通ってジョホールバルに戻りました。
ジョホールの駅でゲストハウスのオーナーと落ち合って、揚げバナナというちょっと変わった食べものを食べました。
16th_1.jpg
バナナの天ぷらって言った方がいいかもしれません。
もちろんバナナなんで甘いんですが、衣は天ぷらそのものです。
それをウスターソースのようなものにつけて食べます。
とっても不思議な味がしました(笑)
一応経験として挑戦してみたけど、多分もう食べることはないと思います(笑)
なぜか南国の人たちって甘いのが好きですよね。
台湾料理も非常に美味しいんですが、ちょっと甘みがきついように感じます。
僕は甘いとしょっぱいが混在しているとやっぱりちょっと苦手です。
例えるなら酢豚のパイナップル。。
あのパイナップル、僕的には必要ないです(笑)

ゲストハウスまでは少し遠いんだけど、オーナーがバイクで連れて行ってくれました。
シンガポールを歩きまわってけっこう疲れてたんで、助かりました。
やっぱりこのゲストハウスは落ちつくなぁ。
ここに帰ってきたらすごくのんびりできます。
一ヶ月くらいここに滞在したいなとふと思ったりもしますが、やっぱり次の場所に移らないとせっかくの旅行がもったいないので、明日出ようかなと思っています。

次の目的地は東海岸のメルシンていう街にしました。
ここは東海岸の島へアクセスするためのベースになる街のようです。
他のゲストの話によるとやっぱりティオマンアイランドが最高だそうです。
ペナンなんかも勧められたけど、クアラルンプールよりも北になってしまうので、ちょっと遠いですね。

島なんで、美味しい魚介類とかもあるかもしれないとちょっと期待しています。
今ローシーズンなんで天候とか心配だけど、とりあえず行ってみることにします。
波が高いとフェリーが出ないこともあるみたいなんで、ちょっと博打ですね。

とりあえず気長に待つつもりでメルシンまで行こうと思っています。
可能だったら、ティオマンアイランドの周りの小さな無人島とかも行きたいな。
とにかく海が綺麗みたいです。

それでは今日は最後のジョホールバルを楽しんできます。

昼間のシンガポール

おはようございます。
今日もシンガポールからです。

昨日は明るいうちにマーライオンを見てきました。
15th_2.jpg
やっぱり昼に見た方がいろんな部分が細かく見れますね。
けっこう細かい作りなんだなぁと感心しました。
やはり昼間は夜よりも旅行者が多いんで、みんなマーライオンの前で写真を撮っています。

マーライオンは合計3つあるらしいです。
一番有名なのが、このベイに向かって水を吐いているやつなんですが、実はすぐ後ろに、子供マーライオンがいるんですね。
15th_1.jpg
この子供マーライオンは人気がなく、基本的にここで写真を撮っている人はいませんでした(笑)
3つ目のマーライオンはセントーサ島というシンガポールの中にあるさらに小さい島の中にあるらしいです。
3つの中で一番巨大なマーライオンらしいです。
ちょっと見たかったけど、スケジュール都合上キャンセルです。

前日と同じようにマリーナベイをぐるっと歩いてみました。
途中水上ホテルなんかあったりして、この辺はほんとにお金持ちのエリアの感じが漂ってました。
15th_3.jpg
マリーナベイサンズも一回泊まってみたいけど、僕はこのホテルが好きでした。
まぁこれからもこういうところに泊まることはないと思うけど(笑)
調べてみたら、やっぱり日本円で5万円くらいするみたいですね(笑)
短期間で豪華な旅もシンガポールは最適かもしれません。

ベイサンズ前にある、デパートのような建物です。
デパートの内部に水路があり、そこを屋形船のようなものが流れています。
15th_4.jpg
ここの上で食事とかどれだけ豪華なんでしょう(笑)
中にセブンイレブンがあったので、日本より高いコーラを買いました。
僕にとっては今はそれだけで十分贅沢です(笑)

15th_5.jpg
マリーナベイサンズを下から撮りました。
屋上の天空プールってやっぱりすごいんでしょうか。
宿泊者じゃなくてもお金を払ってプールには入ることはできるらしいですが、どうやら宿泊者しか入れないエリアがあるということだったので、最初から入らない予定でした。
まぁ、金額も調べてないんですけど、プールだけくらいなら庶民にも行けるんじゃないでしょうか(笑)
今日マレーシアに戻るので、最後はあまったシンガポールドルを放出しました。
マリーナベイのクルージングです。
約1600円くらいで1時間乗ることができます。
まぁそこそこ楽しむことができましたよ。

とりあえず今日はコーズウェイを通ってジョホールバルに戻ります。
それから東海岸の島に行きたいなと思っています。
ゲストハウスでいろいろ情報をもらうことができました。
まだ予定段階ですが、ティオマン島っていうところに行く予定です。

では明日はまたジョホールから。
さよならシンガポール!

世界三大ガッカリ?

おはようございます。
今日はシンガポールからレポートです。

昨日マレーシアのジョホールバルからシンガポールに着きました。
実質1時間くらいでこれるところなんですけど、入国審査やなんやで意外と時間かかります。
この大きな橋(コーズウェイ)を使って国境をこえます。
14th_1.jpg
昼間なのにかなりの人が移動します。
毎日こんなところを通ってマレーシアからシンガポールに仕事に行くってほんと大変ですね。
入国管理のおばちゃんはほんとに優しくて親切でした。
今までの入国管理の中で、一番いいって思えるくらいです。
最後に日本語で「楽しんでください」と言ってくれました。
あぁ、なんかシンガポールって幸福な国なんだなーと思いました。

マレーシアに比べてここはほんとに物価が高いです。
ものにっては日本よりも高い印象です。
中華街で天心です。
14th_3.jpg
14th_2.jpg
確かに美味しいけど、高いです!
日本と比べればそれほど高いわけではないけど、やっぱりマレーシアから入ると、割高感が否めない。。
中華街も横浜の中華街くらいキレイでした。
普通中華街って言ったらちょっときな臭い感じがして、ごちゃごちゃしてるイメージなんですけどね。

夜はマリーナベイサンズ(巨大ホテル)の方まで歩いてきました。
後ろは大きな公園になっています。
14th_4.jpg
ここで有名なのが、人工の木みたいなやつです。
夜はライトアップされて綺麗なので、デートスポットにはうってつけじゃないですかね。
さらに木から木へ吊り橋がかかってるエリアがあって、登ることができます。
ただ5シンガポールドル(400円くらい)かかるので、マレーシアからきた金欠の僕には到底手が出る価格じゃありません(笑)
公園の後はお待ちかねのマーライオンです。
14th_5.jpg
これを見に来たといっても過言ではありません(笑)
世界三大ガッカリって言われるマーライオンですが、僕はとっても立派だと思いました。
夜だからかな?
大きさもなかなかあるし、後ろに見えるマリーナベイサンズとの相性がばっちりです。
うわさではたまに水が流れていない時もあるそうで、今回はちゃんと出てて良かったです(笑)

シンガポールってほんとに治安がいいです。
街ゆくシンガポール人もピリピリした様子が全くなく、ホンワカした印象です。
街も噂通りキレイで、マリーナベイのエリアなんて、銀座よりキレイだと思いました。
この街はマレー半島に移ってきた一部の中華系の人たちにつくられたみたいですが、中華系文化の究極系なのかもしれません。
香港とかも一度見てみたいな。

今日は昼のマーライオンを見に行こうかなって思っています。
明日もおそらくシンガポールからレポートです。
それではまた明日。

ジョホール中心街

おはようございます。
今日もマレーシアは暑いです。

昨日はやっとジョホールバル中心街へ行ってきました。
マレーシアは多民族国家ですが、このジョホールバルの中心街、ほんとに人種のるつぼです。
マレー、中華、インディアンがバランスよく入り乱れています。
13th_1.jpg
中華系のお寺あり、ヒンドゥー教の寺院あり、モスクありのカオスな状態です。
こちらはヒンドゥー教の寺院
13th_3.jpg
個人的にはヒンドゥー教の寺院のデザインが一番好きです。
中華系のお寺は仏教なので、スタイルは違えど日本で見ることができます。
台湾にあるものとほぼ同じって考えてもらっていいと思います。
モスクは特に中に何もないので、外観を眺めるとこができれば十分です。
いつかインドに行ってもっと本格的なヒンドゥー教寺院に行ってみたいと思います。

そこまで気にする必要はないとは思いますが、郊外に比べると、中心街は少しピリピリしたイメージです。
こんな看板を見つけました。
13th_2.jpg
スナイパー注意の看板です(笑)
一瞬ぎょっとしますが、実は王宮に入っちゃだめですよってことです。
王宮はすぐに近くにあるのですが、やっぱり悪い人とたちが勝手には行ってきたりするんでしょうね。

中心街のショッピングモールです。
13th_4.jpg
中心街は危ないエリアももちろんありますが、真ん中にはきれいで立派なモールが立っていて、ここは安全な感じがしました。
ファミリーのお客さんも多かったし。
中でお茶を飲みましたが、けっこう高かったなぁ。その辺のお茶屋の3倍くらいしました。
物価が安い国に行った時によくスターバックスを見かけるけど、だいたい300円くらいなんですね。
日本にいるときは何も感じないけど、ここにいたらほんとに高く感じてしまいます。
300円もあれば極上インドカレーが2杯も食べれると思ったら、なかなか珈琲に300は出ません(笑)
金銭感覚がくるってますね(笑)

ご飯はオーナーが友達のマレー料理のお店に連れて行ってくれました。
13th_5.jpg
これはカリーミーといわれるカレーうどんみたいなやつです。
マレー料理に入っているカレーはインドカレーというか、どっちかというと日本のカレーに似ています。
どろっとしたルーが入っています。なんか懐かしい味だなーと思ってしまいました(笑)
具もたくさん入ってたし、味もしっかりしてたんで、美味しかったです。
この値段なんですけどわかりません(笑)
オーナーがご馳走してくれました(笑)
おれ客なんだけど、、客におごっちゃだめでしょと思いながら、オーナーの優しさに感動です。

今日はついにシンガポールに行く予定です!
マーライオンに会いに行ってきますよ。
重たい荷物はゲストハウスに預けたまま行ってきます。
ほんといい宿や~!
それではまた明日。

国境の街 ジョホールバル

おはようございます。
ジョホールバル2日目です。
それにしても暑いです。時折くるスコールがすごくありがたく感じるくらいです。
考えてみたら日本は今本格的な寒波が来ているようですね。
こちらは冷房がないと暑くて倒れそうです。

昨日はジョホールバルの動物園と王宮あたりを歩いてきました。
ゲストハウスのオーナーの話によると、ジョホールバルは王宮があるので、治安はいいとのことです。
やっぱり駅の周りが危ないんでしょうか。
国境付近が危なくなってしまうのはしょうがないことなのかな。
いろんな人たちが集まりますし。。

この川のあっち側に見えるビル街がシンガポールです。
12th_1.jpg
水平線の向うに違う国が見えるなんて、日本ではあり得ませんね。
ジョホールバルに住む多くの人が、昼間はシンガポールまで行って仕事をするみたいです。
毎日国境を超えるんです。
毎日行ってたら外国って感覚がなくなりそうですね。
シンガポールの給料はジョホールバルで働くよりも何倍もいいらしく、ほとんどの人(特にビジネスマン)は向こうで仕事をするみたいですね。
東京の郊外で住んで、都心でお仕事っていうのと同じ感覚なのかもしれません。

昨日は川沿いにある動物園に行ってきました。
なんと入園料が60円です(笑)
60円だからって言ってもあなどれません。
南国特有の動物を中心にけっこうな種類がいました。
12th_2.jpg
この鳥たしか「ベニコンゴウインコ」っていう南国の鳥で、すごく頭がいいみたいです。
寿命も50年以上生きるみたいなので、なかなか気軽なペットって感じはありませんね。
犬猫よりも知能が高いので、精神的な病になることも多いらしく、飼育するときはかなりの経験が必要みたいですね。
あと財力もかなり必要かと(笑)
おそらく一ぴき数10万円くらいはすると思います。
特にネコ科の猛獣が多かったんで、満足です。
12th_3.jpg
特にトラが多かったんだけど、やっぱり東南アジアって言ったらトラが多いのかなっていう印象です。
マレーシアはまだまだ大自然が残っているので、おそらく野生のトラとかもいるんじゃないかと思います。
地球の歩き方に書いてあったのは、ボルネオまで行けば(マレーシアの東側の方)オランウータンを始め、テングザル、大トカゲ、植物だったらラフレシア、ウツボカズラなんてあるみたいです。
今回のプランにボルネオに行く予定はないけど、いつか行ってみたいなーと思います。
とにかく島には行きたいと思っているんで、どこかいい島見つけるために聞き込みが必要です。

今日こそジョホールバル中心街に行ってみようと思っています。
ゲストハウスのオーナーが一緒についてきてくれるみたいです!
ありがたい!
それではまた明日。


ジョホールバルは安全な街!?

おはようございます。
今日はマレーシアの第二都市ジョホールバルからのレポートです。
バトゥパハからは長距離バスで2時間くらいで着きました。
クーラーが効きすぎてちょっと寒かったです。。

バスターミナルは駅の真ん前でした。
やっぱり噂通りちょっときなくさい雰囲気でしたが、宿まで歩く途中でどんどん田園風景に変わっていきます。
駅から2キロくらい歩いたんだけど、なかなか場所が見つからなくて大変でした。
11th_1.jpg
ここの宿のオーナーはほんとフレンドリーな人で、ものすごく歓迎されています。
泊まってるのはヨーロッパ人の年輩の方ばかりです。

ゲストハウスはたくさんあるけどここまで共同生活感があるところもなかなかないですね。
こういうの好きです(笑)
旅行の情報も手に入りそうだし、こういうところはついついだらだらと長期滞在してしまうんです。
居心地いいんでしょうね。
気になる宿の値段ですが約600円くらいです。

晩ご飯は宿にいた他のゲストと近所のカレー屋さんです。
ほんとマレーシアはどこでも、マレー料理、中華、インド料理が食べれるからいいですね。
ある旅人の話だと、マレーシアのカレーはインドのカレーよりうまい!とのことです。
僕はインドに行ってないからわからないけど、マレーシアのお店は衛生面もわりとしっかりしているというか、
ちゃんとつくってるって感じがします。
このカレーはだいたい150円~200円です。
僕は辛いのがぜんぜん大丈夫なんですが、一緒に行った友達はすごく辛そうでした。
うーん僕にとってはちょうどイイ辛さなんだけどな。
ちなみに奥の赤いカレーがイカカレーなんだけど最高でした。
11th_2.jpg

昼間、重い荷物を担いで、歩き回ったので、いささか疲れました。
この宿、駅から遠いことだけがちょっと難点でしょうか。
ただ、駅前はちょっと治安が悪そうなので、これくらい歩いたところの方がいいかもしれませんね。
ここはほんとに平和です。
近所の人たちもほんと地元という感じだし、地元コミュニケーションもばっちり行きとどいてる感じです。
でも今日はちょっと駅前にも行ってみたいなって思っています。
すごく大きいモスクや、動物園などがあるみたいです。
あと駅前の屋台も気になるところがいくつかあったんであとで食べに行きたいなぁ。

この宿にはかわいい猫ちゃんが2匹います。この猫たちもオーナー同様すごくフレンドリーです。
一日中宿でダラダラしています(笑)
オーナーが名前を呼んだらすり寄ってくるようなかわいいコ達です。ほしい。。
11th_3.jpg

それでは明日もジョホールバルのレポートします。

バトゥパハ最終日

おはようございます。
バトゥパハ最終日です。
昨日は地元の人に観光地のようなところに連れて行ってもらいました。
観光地って言っても本当に地元の人しか来ないところみたいです。
石文丁というところらしいです(中華系のお寺がある観光地なので漢字があります)
10th_3.jpg
webで探すと同じような写真ばかりが出てきたので、違うのをもう一度アップ(笑)
10th_4.jpg
市街地からけっこう距離があるので確かに車がないときついかもです。

晩ご飯は屋台がいみたいなところでご飯を買って、そのまま食べました。
マレーシアにきたらこれ食べなきゃと言われたものを言われるままに買って食べましたが、中にはちょっと口に合わないものもありました(笑)
10th_1.jpg
10th_2.jpg
やっぱり本場の味は外国人には厳しいですね。
オーソドックスなチャーハン、焼きそばが一番うまいと感じています。

最後はバーで軽くパーティです。
トランプでゲームをしました。
どうやらマレーシアの飲酒運転事情は「ちょっとだけなら大丈夫」と言った、あいまいなもののようです(笑)
ヨーロッパ諸国でもそうだし、日本を含めた東アジアはちょっと厳しすぎるような気もするけどな。。
10th_5.jpg

今からチェックアウトしてバス停に向かう予定ですが、
なんかこの街も離れるのが寂しくなってきました。
クアラルンプールは大都会だし最後にもう一回寄るのでそんなことはないんですが、
マラッカ同様、この街も離れたくなくなりました。
でもこのままだったら、行きたい場所にすべて行けないし、まだまだいろんな経験が待っていると思うと心を鬼にして出なければいけません。
最後バス停までの道、この街の空気をsこしでも感じながら向かおうと思います。
あっそんなことよりも、バスの空調がちゃんと入ってるか心配になってきました(笑)
さすがにこの国で「冷房壊れてます」はシャレになりませんので。
レポートはしてないんですが、クアラルンプールから、マラッカ行きのバスの空調がけっこう微妙だったんです。
おそらくメカの調子がよくなかったんじゃないかな。
逆に効きすぎるときもあるので、体温調整ほんとタイセツです!

今日はこれから、マレーシアの第二都市JBことジョホールバルに行こうと思っています。
ジョホールバルは、シンガポールの国境の街であり、マレーシア治安が一番悪い街として有名です。
やはりシンガポールに入るにはここを通るしかないようなので、気をつけて行ってきたいと思います。
地球の歩き方にも注意勧告が出ています。
とりあえず行ってみないとわかりませんね。
それではまた明日。

バトゥバハ二日目

おはようございます。
昨日はバトゥパハの街を足の向くままに歩いてみました。

昔、日本の金子光晴という小説家がこの町にいたらしいです。
沢木耕太郎みたいな感じの人だったんでしょうか。
ここが気に行って長期滞在したようです。
なんとなく気持がわかります。
ここバトゥパハには何があると聞かれると答えることができませんが、なぜだかとても気持ちのいい街です。
どこにでもあり触れているアジアの街と言ってしまえばそれまでですが、逆にピュアなアジアの空気を味わうことができると思います。
9th_1.jpg
バンコクやクアラルンプールのような都会ではないので、古いアジアの雰囲気というのはこういう名もない街に残るのではないでしょうか。
日本でもやっぱり田舎の方が日本らしさを感じることができますよね。
今の情報社会では日本のどこにても同じ情報が手に入り、買い物もネット通販のおかげで何でも手に入ります。
だけど都会と田舎ではなんとなく人の考え方や雰囲気が違うような気がします。
日本人からしてみれば田舎はそんなに面白くないかもしれませんが、外国人にとっては東京のような大都会よりも田舎の方が楽しいかもしれないと思いました。

こちらが金子光晴が建てた日本人倶楽部という建物です。
すでに日本人用の施設ではないようですが、当時はとても立派な建物だったんだなぁと感じる出で立ちでした。
9th_3.jpg
夕方は昨日知り合ったマレーシア人と食事に行ってきました。
地元のちょっとオシャレなレストランで食事しました。
なんかもっとごちゃごちゃしたところでもいいんだけど(笑)
気使ってるのかもしれません(笑)
でも料理はザ・マレーシアな感じで美味しかったです。
ビールは機能紹介したシンガポールのタイガー。味付きのビールだったので、ジュースのようにさらりと飲んでしまいました。
9th_2.jpg
日本のことをたくさん質問されました。
初日から思ってたけどこの国の人たちはほんと親日だなーと思います。
やっぱりみんな日本の文化に興味があるようですね。
とりわけアニメが人気ですが、「日本人ならアニメ好き」ってたくさんの人が思っています(笑)
僕自身もたまに彼らのアニメ話についていけません(笑)

明日は地元の観光地に連れてってくれるとのことなので楽しみです。
地球の歩き方には観光地なんて出てなかったけど、やっぱり地元民ご用達のところがあるようですね。
今から楽しみです。
それでは明日は最後のバトゥパハをレポートします。
そのあとはシンガポールのボーダーシティ・ジョホールバルに行く予定です。

バトゥパハ一日目

おはようございます。
今日はバトゥバハからアップしています。
昨日の昼過ぎに到着しました。
マラッカを出る前にバスターミナルで食べたビュッフェをアップします。
約500円もしました。高い!金銭感覚狂ってきましたね(笑)
8th_1.jpg
本当にここは田舎です(笑)バスターミナルあたりが中心地みたいだけど、お店はほとんどありません。
こういう田舎町をフラりと歩くのもいいんだけど、昨日はバスを降りて10分後くらいに、南国名物のスコールにあいました。
とんでもない強さの豪雨です。
8th_2.jpg
予約した宿が思ったより遠かったので、フードコートのようなところでしばらく雨宿りしました。
今回の宿はけっこう豪華で日本円で3500円です(笑)
3500円もかければけっこういい宿に泊まれます。
しかも朝食ビュッフェ付き!
8th_3.jpg
雨を避けながら行ったんですけどやっぱり、かなり濡れてしまいました。
昨日はほとんど宿でゴロゴロです。

ホテルのご飯は美味しくなさそうだったので、御飯だけは外で食べました。
マレーシアの特徴としてビール、たばこが異常に高いです。
他の食べ物はリーズナブルですがビールたばこは日本とほとんど変わらないんです。
現地の給料だったらなかなか買いづらいなと感じました。
やっぱりイスラム教の国なので趣向品には厳しいのだと思います。

メジャーなビールはカールスバーグ(デンマーク)とタイガー(シンガポール)です。
タイガーはシンガポールが近いので、輸入しやすいのでしょう。
カールスバーグは工場がマレーシア国内にあるらしく、他のビールよりも安く買うことができます。
あとタイのチャンですかね。
チャンはもっと安いです(笑)

バトゥパハはほんとに何もないところだけど、
長期滞在でゆったり過ごすのはいいところかも知れません。
小説家とかがこもったりするのもいいかもしれませんね(笑)
マレーシア全体がそうですが、ここも治安も悪くはなさそうです。
マラッカは多少観光地化されていますが、ここは全くです。
外国人は想定外な感じですね(笑)
みんな警戒しているのか、ここの人たちは最初あまりフレンドリーじゃないけど、慣れてくるとみんなイイ人です。

昨日食堂で現地人(中華系)と仲良くなったので、今日一緒にご飯でも行ってくる予定です。
また地元民が集まる地元食堂みたいなところ連れて行ってほしいなと思っています。
それでは明日もまたここ、バトゥパハからお伝えしたいと思います。



マラッカの水上モスク

おはようございます。
マラッカ三日目のレポートです。
やっぱりマラッカけっこう好きでした。

昨日は水上モスクに行ってきました。
イスラム教って偶像崇拝が禁止なので、中は閑散としています。
信者が体育館のようなところで御祈りをしています。
イスラム過激派のニュースが最近多いですが、個人的にはマレーシアがとても平和的なのは宗教の影響ではないかと思っています。
戒律を厳しく守り平和に暮らしているというイメージです。
外国人に対しても閉鎖的ではなくとてもフレンドリーな方が多いです。
仏教国のように何でもありな感じではないので、お金に対してもそんなにぼったくり見たいのは見かけません。
(マレーシアの経済状態が他国よりいいからかもしれませんが)
7th_2.jpg
7th_3.jpg
この水上モスクは地球の歩き方には載っていません。
ゲストハウスのおねぇちゃんが自転車で連れて行ってくれました。
こんな大きなモスク、なんで載せないのかなぁ。
やはりイスラム教の宗教施設なので、短パンとかは駄目です。
女性は準備されているスカーフのようなものをつけてください。
男性も短パンの方はローブ見たいものを貸してもらえます。
ちょっとしたなりきり気分になれるので、ドレスコードをクリアしてる方もぜひ試してみてください(笑)
そのあとは地元の野外フードコードのようなところで食事をしました。
ここもなかなかローカル感があってよかったです。
「現地人に聞く」「連れて行ってもらう」っていうのは旅行の鉄則ですね。

中華街の中心にある、この宿は一泊30リンギッド(日本円で1000円くらい)です。7th_1.jpg
部屋はとてもきれいだし、クーラーもちゃんと聞きました(これ重要です!)
シャワーは水ですが、この価格ならしょうがないかな。
素敵なホテルに泊まるのもいいかもしれませんが、こういう宿に泊まって、現地の空気を感じるのも僕の旅行の楽しみの一つです。
長期滞在で素敵なホテルに泊まり続けるのがきついって言うのもありますが、、(笑)
ただ東南アジアだとリッツカールトンでも激安で泊まれたりするので、最後にクアラルンプールに帰った際は一泊くらい泊まってみようかな、なんて考えています。

今日はこれから次の街に行きたいと思います。
次はバトゥバハっていう小さな街です。
フラっと歩いていれば何か面白いこともあるかもしれません(笑)
それではまた明日!
前の10件 | -
- |2016年01月 |2016年02月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。